触れてくる 男性心理

体に触れてくる男性心理について

男性にとって女性の体に触れることは、
一つの愛情表現でもあり
ボデイタッチでスキンシップの一つです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

恋人同士の間柄ではもちろんのこと、
軽い友人として付き合っている場合にも

 

 

体に触れてくる行動が見られたら、
少なからず女性として意識しています。

 

 

ですが、場合によっては
肉体関係だけが目的のこともあるため、

 

 

女性は相手の人格や状況を
よく読む必要があります。

 

 

目の前に女性の体があれば
触れてみたいと思う男性も
少なからずいる、

 

 

と考えるのが
男性心理の一面。

 

 

事実、ラテン系の国では男性が
女性の体に触れてくる場合、魅
力の証と認識されます。

 

 

女性が同席しながら全く関心を
示さないことは、逆にマナー違反に
なるぐらいです。

 

 

アメリカでは挨拶代わり、
スキンシップの表現の一つで、
親愛なる表現の一つです。

 

 

国柄で体に触れてくる
男性心理はさまざまですが、

 

 

日本の場合にはこういった
習慣がないため、

 

 

やはり女性への
ボディタッチは慎重になります。

 

 

私達が住んでいる日本で、
触れてくる男性心理の背景は、
実の所は状況、雰囲気次第です。

 

 

その中で女性からすれば相手に
不快感を感じるか否かが、
重要な判断のポイントになります。

 

 

職場の延長線の食事会、飲み会など、
雰囲気が和やかなときなど
千差万別です。

 

 

その状況の中で、
体に触れてくる男性は
それなりの気持ち、

 

 

心理があると考えて
間違いありません。

 

 

特に触れてくる場所によっても
意味の合いが違ってくるのが常です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

そういう意味でデート中の男性が
体に触れてきた場合には、

 

 

相手が距離を縮めたがっている
可能性があります。

 

 

恋愛関係の新たな展開を
狙っていると考えられますので、

 

 

女性側も自分の気持ちを
決めることが必要です。

 

 

好きな女性が相手の場合には、
男性側も反応を見ながら行動を
起こしていると言えます。

 

 

こういった場合、
許容範囲を実際に触れることで
確認するのが男性です。

 

 

ですので、気持ちの準備が
出来ていない時には

 

 

やんわりと拒絶することも時に
必要となります。

 

 

一方、飲み会の席などで
積極的に体に触れてくる

 

 

男性の場合には特に要注意です。

 

 

こういった場では普段よりも気持ちが
大きくなることが多く、

 

 

単なる下心から女性に触れる
男性も中にはいます。

 

 

余り親密でない相手の場合には、
席を離れるなど、
間に他の男性に入ってもらうなど、

 

 

相手との距離や他の人の
視線を入れるなども
一つの対処法です

 

 

相手が気になっている男性であれば、
少なからずこういった行動を

 

 

受け入れてしまうのが
一般的な女性ですが、

 

 

真意をはかる慎重さも
お酒の席では求められます。

 

 

特にお酒の場などは、
気持ちがお互いに

 

 

大きくなりやすいので
注意をしておくことが
後悔をしない方法です。

 

 

お互いに傷つくことや、
人間関係を壊さないよに

 

 

心がけることが、大人の判断と
私は思います。

 

 

スポンサーリンク