男性心理 男性好意 メール

男性心理から見た男が好意のある女性にだけ送るメール

気になる彼が
自分に好意を持っているのか、

 

そうでないのか、

 

女性にとってとても気になることです。

 

実は、脈ありな男性からのメールには
ある共通の特徴があるものです。

 

スポンサーリンク

 

今回は男性心理からみた、
脈ありメールを見ていきたいと
思います。

 

男性が好意を持っている
女性に送る場合、

 

たいていメールの文章の量が
長くなる傾向があります。

 

短すぎるとニュアンスが
うまく伝わらなかったり、

 

つまらない、もしくは冷たい人と
思われてしま心配を持っ人、
逆によく思われたい。

 

もっと自分を知ってほしい…
という男性心理が働くからです。

 

また、男性の中には、
メールでは要件しか話さない
という人も比較的多いものです。

 

しかし、女性に好かれたいと
思っているときは、

 

男性でも業務内容や
連絡事項ではない、

 

その内容もなんとなく
たわいのないものを
送る傾向があります。

 

男性は、例えば、写メを送ったり、
今日あった出来事を話して来たりと、

 

とにかく相手と話したい一心で、
何かしら理由をつけて送ってしまう
というわけです。

 

 

面と向かって話す場合と違い、
顔の見えないところで

 

会話をするのですから、
男性でも冷たいイメージを

 

与えたくないという
心理が働きます。

 

逆に自分の場合も振り返ると
同じような心理の経験が
あると思います。

 

そこで、最低でも一回の返信で
最低でも1個は絵文字を使うことで

 

気持ちが伝わりやすくするなどの
配慮をしている人が多いようです。

 

スポンサーリンク

 

ただ、好意を持っていても、
どうしても絵文字や顔文字を
使うことが苦手な男性も

 

少なからずいるので、
絵文字があるかないかだけで

 

判断するのは
難しいかもしれません。

 

また、好意を持っている人と
つながっていたいと考えるのは
男性も女性も同じなので、

 

定期的に送られてくるのは、
その男性が好意を持っていると
判断していいと考えられます。

 

男性に好かれているかどうかの
目安としては、

 

大体2・3日に1回のペースで
連絡がくるかどうかです。

 

これは、女性側からのメールに
返信してくれた数ではなく、

 

男性側から送ってきてくれた
数です。

 

女性から返信がきていないのに、
定期的に男性から

 

連絡をしてくるのは脈ありだと
考えられます。

 

スポンサーリンク