好意 男性 視線

好意を持っている男性から視線感じる時とは

スポンサーリンク

気になる男性ができると自分はどう思われているか、誰でも気になってしまうものです。
直接、気持ちを聞けたり告白して確かめるのがてっとり早いと知っていても勇気が必要で難しいことでありモヤモヤばかりが募ってしまいがちです。
でも、実は簡単に男性の好意を確かめる方法があります。
男性はわりとプライドが高い傾向があり好意があっても、もし積極的に接して嫌われたらどうしよう、周囲にばれたら恥ずかしいなどの感情からストレートに好意を表すことが苦手です。
しかし、無意識のうちに好意があるサインを送っているのです。
一番に分かりやすいのは視線で、たとえば誰かと話している時や少し離れた場所に居る時、ふと視線感じることがある、会話中に目をじっと見て話してくる、自分が話している時にも目を見て聞いてくれるなど男性は興味があるものを見てしまう習性があるのです。

スポンサーリンク

また、視線感じるのに目が合うとそらされたり、メールがきても短文や用件のみだから自分に興味がないのではと落ち込むのは早いのです。
目をそらすのはシャイな部分の表われで、メールが短いのは男性は女性と違い言語能力が控えめな為、考え過ぎて結局、短文になることが多いのです。
でもメールがくることや返信が早い、視線感じる時は、はかなり脈あり傾向にあります。
大勢で会話している際にさりげなく近くにいる、自分が話した内容に共感してくれたりリアクションが大きい、質問をし話を広げてくれる、興味があることを覚えててくれる、自分に対して笑顔が多いなど細かな行動に好意のサインは確実に出ています。
視線感じる時に、思い切ってじっと見つめ返すと視線を下に落とした場合は照れ隠しの場合が高いです。
様々な男性心理を理解して今後の恋愛へと繋げることができます。

スポンサーリンク