草食系男子 脈あり サイン

草食系男子の脈ありサインとは

スポンサーリンク

 

今や定着した言葉である
「草食系男子」ですが、
その特徴は以下のような男子です。

 

 

「自分から話しかけない」
「本が好き」
「目が合うとそらす」

 

「仲間や友達と居ても
中心の人物ではない」

 

などです。

 

 

言い換えたらおっとりしているという
言い方もありますが、

 

 

全ての草食系男子に
当てはまらない場合もあります。

 

 

なぜなら、一見おっとりしているように
見えても女性と2人になれば
心を開いてよく話す男性もいるからです。

 

 

肉食系男子と
決定的に違うのは女性に対して、
消極的であることです。

 

 

肉食系男子は、
話が上手で女性をおだてるのが
得意な人が多いのに対して、

 

 

草食系男子は
そもそも気になっている人が居ても
自分からアタックしたりしません。

 

 

アタックしたとしても、
草食系ならではの

 

もやっとしたお誘いや
わかりずらい好意の表現をします。

 

 

ではそんな草食系男子たちの
好意の「脈ありサイン」とは
どのような種類があるのか、

 

 

行動パターンや言葉を徹底的に
検証していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

草食系男子の脈ありサインは、
肉食系男子に比べるとわかりずらいと

 

 

前に説明しましたが、
気づけないわけではありません。

 

 

もし付き合いたいと
思っているなら小さなサインに
気づける注意力が必要です。

 

 

例えば、

 

 

友達10人とバーベキューをしているとします。

 

 

そこで肉食系男子は
仕切りたがるのでメインである

 

 

「肉を焼く」
「皿に乗せる」

 

 

など目立つ行動で
女性にアピールしますが、

 

草食系男子の場合は
そうではありません。

 

 

みんなに混ざって
楽しくお肉を一緒に食べながら
話しかけてもらえるのを待っています。

 

 

1人でひたすら飲みものを
飲んでいたり遠くを見ていたりしたら、
それは「サイン」です。

 

 

女性から接客的に
声をかけてあげるのが良いです。

 

 

また、

 

 

写真を撮る時にさりげなく
好きな女性の後ろなどに
ポジションを取る男性も脈ありです。

 

 

少しでも近づきたいけど、
直接的な行動は出来ないのです。

 

 

そうゆう場合は、
女性から横に来るように促してあげると
ぐっと距離が縮まる可能性が高いです。

 

 

スポンサーリンク