アイコンタクト 見つめられる 男性心理

好きな女性にするアイコンタクトと見つめられることに弱い男性心理

スポンサーリンク

 

男性心理として、好意を持ってる女性に対して、
とても視線を送ってしまう傾向があります。

 

それは時に直視しているほど見つめることもありますが、
これは追いかけたいという男性心理からくるもので
本能といえます。

 

好意をアピールするということに関して、
視線を送ることが最もわかりやすいアピール方法だと
男性は本能的に理解しています。

 

男性が好意を持っている女性にだけする
アイコンタクトがあり、そのアイコンタクトは
非常にわかりやすくシンプルなものなので、
よく見ているとすぐにわかります。

 

一番わかりやすいのは目が何度も合う場合です。

 

好きな人のことは四六時中見ていたいという気持ちは
男性も女性も同じです。

 

意識している相手の行動をチラチラ見てしまうのは
仕方のないことです。

 

また、たまたま視線が合った時に
恥ずかしさから目をそらす人もいますが
問題はそらした視線の方向です。

 

意識していない相手であれば横にそらす傾向があり、
意識している相手であれば下にそらす傾向があります。

 

スポンサーリンク

 

こうした特徴を理解した上で、
気になる男性に対して女性からも
アピールすることができます。

 

それは、男性が最も弱い見つめるという行動です。

 

見つめられることによって、
さらに相手を意識してしまう傾向にあるので
女性としては視線を感じた時は思い切って
見つめることが効果的です。

 

その時、男性が視線をそらしてしまっても、
そらした方向を観察したり、その後会話をした際に
まばたきの回数がとても多かった場合は
男性が意識している証拠です。

 

まばたきの回数の多さは見つめられることに関して
嬉しさと緊張から増えてしまうので、
注目してみてください。

 

また、見つめ返すタイミングも重要で
周りのことを気にして会話ができないような場合であれば、
何も言わずに首をかしげてにこやかに見つめ返します。

 

それだけで二人だけの雰囲気はできますし、
距離感が少し縮まります。

 

このような視線のやり取りは
男性の心を大きく揺さぶりますので、
試してみる価値は大いにあります。

 

スポンサーリンク