常に 敬語 男性好意

常に敬語の本心とは、男性好意の見極め方

敬語で話していて、男性が急にタメ口に
なった.

 

逆にタメ口だった人が敬語を使いだす
というケースもあります。

 

スポンサーリンク

 

敬語とタメ口が混ざるというケースも
あります。

 

 

その他、常に敬語で話す人もいます。

 

 

ため口も親近感を持たせるためには
時として効果的ではありますが、
本当のところはどうなのでしょうか

 

 

まず、日本語には敬語とタメ口が
ありますので、それを使いこなすには
テクニックが必要になります。

 

 

タメ口だったのが急に敬語を使いだすときは、
相手に敬意を抱いていて、大切にしたい
という男性好意の表れとみてとれます。

 

 

親しい友人から恋人として意識し、
タメ口から敬語に変わるという男性好意も
あります。

 

 

敬語からタメ口に変わるのは、距離を縮めたい
という男性好意があらわれています。

 

 

男性好意として見ることができる場合以外には、
距離を取りたい場合、常に敬語を使いだす
ケースもあります。

 

 

ケースバイケースなので、それは、男性好意
なのか逆に本心は嫌っているのか、避けて
いるのか、そこの見極めをしておかないと、

 

 

勘違いをして、その男性に無駄に時間を
費やしてしまうことになりかねません。

 

 

男性好意の表れからの行動であって、
自分も好意があれば、迷わず強気で押して
間違いないでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

常に敬語で話す男性の本心は
分かりにくいものです。

 

 

何か壁があるように感じる、話しにくい
と思うことが、ときとして感じる。

 

 

その中で、敬語を使う人の本心は
大別して好きと嫌いの2種類しか
ありません。

 

 

好きな女性の前では緊張して、
うまくしゃべれないというシャイボーイ、
シャイな男性も多いです。

 

 

この場合、男性の本心を知るには、
目線に注目しましょう。

 

 

人間は好きな物は目で追ってしまう
という習性があります。

 

 

なので、あんまりしゃべりかけない人や
常に敬語で接してきて本心が分からない
という男性が自分のことをよく目で追っている。

 

 

目線があうという状況が続けば、それは
男性好意の表れだとみてとれます。

 

 

この場合も本心は好意が隠れていますので、
もし自分にその気があるのであれば、

 

強気で押してアタックしていくと
恋が実る可能性が高まります。

 

 

その他に、常に敬語で接してくる男性は、
それは男性好意ではなく、悪意の可能性
もあります。

 

 

「あなたと親しくなる気はありませんよ」
「アプローチしても無駄ですよ」

 

 

という本心を、常に敬語という言葉によって
暗示しているのです。

 

 

この場合の男性心理は明確ですので、
あまり気にする必要もなく、「ああ嫌いなんだ」

 

と思って、自分も常に敬語で接するなどして
対応していけばいいのです。

 

 

常に敬語には、男性好意による尊敬の意味
もあれば、敬遠、拒否の本心も隠されています。

 

 

それを見極めることが肝要です。

 

 

敬語は確かにわかりずらいと思いますが、
上下関係以外で敬語を使う場合、

 

少し距離をおいているケースが多いことも
事実ですので、目線、目の動きを
注意してみましょう。

 

 

スポンサーリンク